line@友だち追加

「裾割り」をして歩きましょう

着物を着た際に一番感じるのは歩きにくさでしょう。

洋服と同じ歩き方をするのは難しいことかと思います。

しかし、着物を着ている際の歩き方の方法を知ることで、

少しは歩きやすいと感じるものです。

その方法とは、「裾割り」と呼ばれるものです。

この言葉をご存知でしょうか。

今回はそんな裾割りについてお話ししますので、ぜひ最後までご覧ください。

では、いったいその裾割りとは何を意味するのか。

ずばり、裾割りというのは着物の裾の部分を歩きやすいように少し広げることを指します。

その方法としては、着付け後、足を肩幅に開いて、裾を左右に開くように膝を2、3回曲げるというものです。

こうすることで、裾が開きやすくなり、歩きやすくなるのです。

また、歩いていても自然に裾が開くので、着崩れの防止にも効果的だといえます。

着崩れというのは和装をする際の大きな悩みなので、それにも効果があるというのはうれしいですよね。

ただ、一つ注意点として、外でするには少し不格好なので、

着付けが終了した後、外に出る前に裾割りは行うよう心がけましょう。

着物を着るのに、歩きにくいからと躊躇する方も多いことでしょう。

ですが、このように少し工夫をすることも可能です。

ぜひ裾割りをして、着物でお出かけしてみてください!

「裾割り」をして歩きましょう


着物レンタルとこ都古top戻る
075-353-7793 ご予約 Book Online 预订